医者

目の下の気になるたるみを手術しましょう~目元スッキリ術~

切らない手術とは

フェイス

余計な脂肪を除去

目の下のたるみの治療は従来は切開手術が主流でしたが、現在美容外科手術は高度に進化していて様々な治療法が開発されています。なかでも人気があるのが切らない治療の脱脂術です。脱脂術はまぶたの裏側から脂肪を取り除き傷口も見えないし、腫れもほとんどなくあったとしても短期でおさまります。短期間で終わるので仕事や家事で時間がなかなか取れない方も受けることができるので便利です。脱脂術は目の下の余分な脂肪を取り除くことで、たるみがなくなりすっきりとした目元になります。ただ脱脂術を受けただけでは目の下が窪んでしまう可能性があるので、受けた後に脂肪注入を行ったほうが確実に治療できます。脱脂術はたるみと同時にクマの治療もできるので合理的な施術法です。

ヒアルロン注入やレーザー

他に目の下のたるみの治療として注目されているのがヒアルロン酸注入です。目の下のたるみにヒアルロン酸を注入することでたるみや窪みを持ち上げて、ふっくらとした目元に変わります。ヒアルロン酸は元々人体に存在する保湿成分で、肌の乾きを防ぎうるおいを保つ役割を持っています。負担もかからず切開することもないので比較的手軽に受けることができます。そして即効性のある施術としてレーザー治療があります。レーザー治療は目の下のたるみやクマに直接レーザー光線を照射して、コラーゲンやヒアルロン酸の働きを活性化させる方法です。施術に使用するマシンも各クリニックによって異なるので、施術を受ける前にしっかりと確認しておくのがいいと思います。身体への負荷も少なく効果を確実に実感できる治療法です。